トップ> 製品情報 >マッピングシステム関連 

エレクトリカルマッピングシステム

電気マッピングシステム(EMS)には、新生代の多電極アレイ(MEA)と高性能アンプが搭載されています。高度なEmappingソフトウェアは、生体外、生体内、生体外の心臓サンプルからのフィールド電位の高速記録を容易にします。電気的活動と電動情報は、組織レベルで非常に詳細に研究できます。正確なデータ収集システムにより、イオンチャネルの異常を正確に検出することができます。また、心室または冠動脈圧プローブ、単相活動電位(MAP), 心筋張力、灌流温度、光学マッピングシステムなどの他のデバイスとグループ化することもできます。これらの機能により、心臓電気生理 学の研究者は 不正脈のメカニズムについてより深く理解できるようになります。当社のシステムは、新しい抗不整脈を効率的にスクリーニングし、薬物毒性をテストするための理想的な候補でもあります。

EMap system setup from MappingLab on Vimeo.

オプティカルマッピングシステム 

心臓の光学マッピングは、不整脈のメカニズムを調査するための重要な技術となっています。この技術は、蛍光ベースのイメージングを利用して、多細胞心臓標本の電気的特性の研究に利用されます。
使用用途は摘出心臓、完全な心臓組織標本、筋肉スライス、および多能性幹細胞由来または新生児の心筋細胞の単層を含みますが、これらに限定されず、様々な生体サンプルの研究に適応できます。
光学マッピングは、電圧・カルシウム感受性色素とイメージングシステムを使用することで、心臓表面の電気的活動とカルシウムの過渡現象を記録します。電気生理学的特性に関する高い時空間解像度情報を生成し、健康や疾患における心臓の電気的安定性を制御する基本的なメカニズムを調査するために使用されている一般的な実験手法です。
Mapping Labのオールインワンソフトウェアである、OMap Record / Scopeは、研究
者が高品質の信号を取得し、最も効率的な方法でデータを分析できるように設計され
ています。

温度コントロールシステム

PCTC2001コントローラは、シングルチャネルPCTC1001のように簡単に操作できます。さらに、2つのPCTC1001温度コントローラのように動作して、2つの独立したソリューションラインを加熱することができます。この機能は、複数のソリューションラインが必要な場合に複雑な実験を行う研究者にとって基本的に役立ちます。

心臓/組織灌流システム

MVC-801は、パッチクランプシステムを備えた研究室に不可欠な灌流システムです。8つのピンチバルブをプログラムして、実験的なソリューションを順次、タイムリーに提供できます。

 

 

 

スティムレーター 

VCS-3001スティムレーターは電圧と電流パルスをメインとグランドに関係なく送ることができます。

 

 

LEDコントローラ 

LEDC-2001コントローラは調整可能な電流を使用し、 LED光源からの光の強さをコントロールするデバイスです。

 

 

 

Copyright (C) Inter Medical co.,ltd. All Rights Reserved.